ガウディ建築同行サービス

アントニオ・ガウディは19世紀末から20世初めにかけて活躍した19世紀モデルニズモを代表する建築家です。その作品は自然をモチーフにしたものが多く曲線を多用し、ガラスとモザイクの組み合わせが特徴とされています。1984年にその作品群は世界遺産に登録されました。毎日世界中からその作品を見るために多くの観光客がやってきます。その作品群のなかからご希望の建築を選んでいただきコースをお作りします。

サグラダファミリア

いわずと知れたガウディの代表作。
完成まで300年かかるといわれていましたが近年のコンピューター技術の発展で2026年に完成することになっています。
敬虔なカトリック教徒として後半生を過ごしたガウディがイエス・キリストの生涯をこの教会を通して表現しています。

通常所要時間:2時間

カサ・ミラ

カサ・ミラはグラシア通りにある建築物です。1906年から1910年にかけて実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅として建設されました。1984年にユネスコの世界遺産に登録されています。地中海の海をイメージしている外観は、波のような曲線により柔らかで優美な雰囲気を醸し出しています。鉄で作られたバルコニーは海藻を表しています。二つの中庭がある内部に入ると、まるで海の底にいるような不思議な感覚に包まれます。
屋上にある煙突はスターウォーズの兵士のモデルになったことで有名です。

通常所要時間:1時間半

カサ・バトリョ

3番目におすすめするバルセロナのガウディ建築は「カサ バトリョ(Casa Batllo)」。個人の邸宅を改装し、1906年に完成した奇抜な家です。

屋根や外壁に紫、ブルー、緑、オレンジで色鮮やかな色が使われており、正面の壁面には色とりどりのタイルがモザイク状にはりつけてあり、まるで美しい花を咲かせた植物のように見えます。また建物内部の吹き抜け部分にはブルーのグラデーションにタイルが敷詰められ、海の中を思わせられます。夜間にはライトアップされ、昼間とはまた違ったロマンティックな表情を見せてくれます。

標準所要時間:1時間半

グエル公園

グエル公園はバルセロナの街を一望できる緑豊かな公園です。

1900年~1914年に建造された公園で、もともとはガウディと施主であるグエルとの「夢の住宅街」として、富裕層向けに造られた都市計画プロジェクトでしたが、住宅の買い手がつかなかったことで後に市に買い取られ公園となりました。園内にはガウディが一時住んでいたとされる家が「ガウディの家博物館」となっており、ガウディの生活を垣間見ることができたり、彼がてがけた家具などが展示されています。

グエル邸

ガウディの最大のパトロンであった実業家グエル氏の邸宅として建てられたグエル邸は、ランブラス通りからちょっと入った通りにひっそりと建っています。中に入るとその豪華絢爛さに驚かされます。どっしりと落ち着いた雰囲気にガウディの他の建築物とは一味違った趣を感じてみてください。

標準所要時間:1時間半

コロニア・グエル地下礼拝堂

ガウディの最高傑作ともいわれているコロニア・グエル地下礼拝堂は、繊維業界で成功したエウセビ・グエル氏が、バルセロナ郊外に作った工業団地の工場で働く人のために、建てられた教会です。1908年に着工しましたが、1914年ガウディがサグラダファミリアに専念するため建設を中断し未完成となっています。地上に建つはずだった教会は造られず、ガウディが唯一講堂として造った半地下が礼拝堂に転用されています。
七色の花柄のステンドグラスは必見です。

標準所要時間:1時間半